aburiot

『My Lost Blue』セルフライナーノーツ

ミックスを10時間連続でやったら腱鞘炎になりかけました。

お久しぶりです。天野です。

natsukage.bandcamp.com

出ました、ついに、アルバムが。(倒置)無料です。

 

クロスフェード

soundcloud.com

 

セルフライナーノーツを書くにあたって、このブログの文章を久々に見たんですけど酷いもんですね。

 7ヶ月前の俺の文章でもこんなに痛々しく見えるのに数年後見たときなんて考えるだに恐ろしいです。

最初に言っておきたいんですけど、この文章はライナーノーツというより天野の自分語りが約5400文字で展開されています。

不快になる方もいるかもしれませんので、最初に言っておきます。この記事は俺の長文自分語りです。

 

 ・Natsukage

今回のアルバムを機に名前をfazethedazeからNatsukageに変えたんですけど、そのことについてまず書こうと思います。

話は単純で、

・fazerdazeというとても似た名前の宅録(!)バンドがいる

・「フェイズザデイズ」と言いづらい

・中学三年生のときに勢いで考えたものなので前々から変えたいと思っていた

 

以上の三点が理由です。

そしてNatsukageという名前につきましては、あの夏影です。

ウオオオオ~...(慟哭)

 

前からこの曲俺が作ったことにならないかなとか思っていたんですけど、流石にそんなことはありえないのでバンド名にすればいいんじゃないかと考えました。

あと夏影ってとても字面がきれいですよね。俺が夏影だ!

バンド名については候補が複数あって、

「While Oceana sleeps」(While Oceana Sleeps - YouTube

「Send Transmission From The One Armed Scissor」(At The Drive In - One Armed Scissor - YouTube

「Cut Your Ribbon」(Sparta - Cut Your Ribbon - YouTube)

「Glacier」↑の歌詞から

 

どんだけATDIとSparta好きなんだ俺。 

バンド名をめっちゃ長くしたり、逆にユニークでない単語をバンド名にするのは憧れがあったんですけれど、英語だと言いづらいし自分は日本語が母語なので日本語の単語をローマ字で表記しようと思ったんですよね。

そして、自分は夏に対する憧憬が強くて、実際に夏に何かあったわけでは無いですけど夏って何かわくわくしませんか、何かあったわけでは無いですけど(ディレイ)

自分でもわからないぐらいに夏の曲を書いてしまうので、結果として”夏影”が最強だと考えた次第です。

 

導入程度にバンド名を変えた話をしようと思ったんですけど、予想以上に長くなってしまいました。いい加減セルフライナーノーツを書きます。

 

・『My Lost Blue』というタイトルが意味するもの

このアルバムは元々大学生になってから作った曲も入れるつもりで、本当は14曲になる予定だったんですけど、デモでちょっとしたアルバムを作って曲を並べて聴いてみたんら致命的に高校時代の曲と大学時代の曲が合ってないんですよね。

このアルバムに入っている曲は中三の冬~高三の春ぐらいに作った曲で、確か当時はブッチャーズだとかnakanoiseだとかナンバガとかを聴いていました。

曲の感じの違いが大きくてもしょうがない感じがあったんですけど、やはり俺が納得できないので大きく削って8曲になりました。

My Lost Blueとはその中三~高三のときのことなんですよね、思い出や青春がどうとかだけではなく、単純に曲の作風としても。

 

大学生になってから書いた「透明度」という曲があるんですけど、それはわりかし評判が良かったので別に衰えたとかそういう感じではないですが(多分)。

けれども高校生のときにしか書けない曲ってあると思うんですよね。って、自分が「エウレカ」を書いたときも同じことを考えていました。

 

・スカイブルー

中学三年生の春に書いた曲です。紛らわしいんですけど、春とは中二から中三から変わるときではなく中学校を卒業するときのほうの春です。

当時から、アルバムを作るなら絶対この曲を最初にするぞと考えていました。

”スカイブルーのあの頃”が何かは覚えてませんが、そんな寂しさを込めた曲だった気がします。

Skyblue by fazethedaze (当時の音源)

実はスカイブルーの前にもハードロックの出来損ないみたいな曲も書いていたんですけど、あるときnakanoise

 ナカノイズ - ツキワケ ~ ハクジツ (Live) - YouTube

に出会って俺も曲こういう曲書きたい!なんて思って衝動だけで録音しました、このときは。

 

エウレカ

高3の春に作った曲です。エウレカセブンのオープニングです。嘘です。

エウレカセブンのオープニングを作るなら、というテーマで作った曲で、エウレカセブンを高2の夏に見て、かなり辛くなって気持ちの整理がついてからエウレカセブンの素晴らしさを曲に落とし込みたいなと思ったんですよね。

これを作ったときはアニソンを聴きまくってどういう感じのメロディーが気持ちいいか研究...はしてないんですけどその影響は如実に現れていると思います。

実際自分の中で一番気に入っている曲で、身内からの評価も一番高く、ありがたいことにカバーをしてくれる人もいました。その中の一つを紹介します。

www.youtube.com

これ聴きまくってたらメロディーが本家(このアルバム)に逆輸入されたんですよね

 

夏に起きた奇跡って何? とか言われるんですけど、俺個人とは全く関係無くて

エウレカセブンの中に出てくる「サマー・オブ・ラブ」という現象のことです。

 

この歌詞は結構そういうネタ的な物が自分の書いた歌詞の中で最も盛り込まれていて、例えば”君の方へ 放物線描いて"という歌詞があるんですが、オープニングやアニメの戦闘シーンが元になっています。

www.youtube.com

あとBメロの”ただ過ごす DAYS”もこのOPの曲名、「DAYS」が元ネタになっています。

まだまだあるんですけどキリがないのでここらへんにしておきます。みんなもエウレカセブンを見よう。

 

・不発弾

高1の冬に書いた曲です。このアルバムの中では一番激しいというか、パンクっぽい感じなんですけど、当時はシロップ16gにはまっていてソドシラソがとても好きだったのでそういう曲を作ろうとしてドラムをちょっと真似しました。

Syrup16g - ソドシラソ - YouTube

”くだらないもの”とは他人からの期待や余計なプレッシャーのことです。(多分)

この曲はCメロ(二番サビ後)が気に入っていて、不気味な感じを出すために歌詞を囁いたものをステレオで鳴らしています。あと機械に読ませた文章を超高速で鳴らしています。あとボーカルを発振させたりして、このパートは作ってても楽しかったです。

 

・Dawn

俺的にこのアルバムで一番暗い曲です。これを書いたときは受験のためにツイッターを辞めてて、それでも入試の直前の模試でひどい結果が出てとても辛くなったときに書いた曲なので、その時の心境がモロに出ている気がします。

ひどい結果が出てから握る物がギターじゃなくてシャーペンだったら良かったんですけど、いつもそういう感じですからね...

 

当時ツイッターを辞めてはいましたが別に勉強をしていたわけではなく、アニメとかを見まくってたんですけど、その時に見てたのが「serial experiments lain」なんですよね。

曲が入る前にノイズが入るんですけど、lainの中で鳴ってる変なミョーーーみたいな音を真似して作った音が入っています。

https://youtu.be/mlt_lcPQcaQ?t=11m17s

 

・海辺の街

高2の夏にブッチャーズのオマージュとして作った曲です。「デストロイヤー」をパ、オマージュしています。

この曲は5弦以外半音上げっていうわりかし変なチューニングだったんですけど(吉村さんの変則チューニングリスペクト)、別にそうする必要もなく普通のチューニングで弾けたので、結局アルバム版ではレギュラーチューニングで弾いています。

アルバム版ではサビでア~ア~みたいなコーラスが入ってて、元々はその音量が小さかったんですけど、HoleのMalibuという曲のコーラスがめちゃくちゃ綺麗でそれを真似してコーラスを前に押し出してみました。

Hole - Malibu - YouTube

そこが気に入っている曲です。

 

・空蝉

高3の夏に作った曲。

最初はドロップCの曲を作ろうと思ってサビのドラムを考えたんですけど、なんか作ってるうちにシューゲイザー(雑なイメージ)ぽくなったので自然とそういう感じになった曲です。

リードギターのイントロのフレーズがとても気に入っていて、それを全面に出すようなミックスにしてみました。あとバスドラが全然前に出ないので結構過剰なEQを前まではかけてて、パンテラのバスドラみたいな音になっててそこが個人的に面白かったです。

歌詞のモチーフについては、家の近くにデカい木があってそこに俺が小学生のころからずっとその木に張り付いてる蝉の殻があったのでそこから空蝉(現身という意味もありますが、この場合は蝉の抜け殻という意味です)というヒントを得ました。

主な内容は、周りはどんどん先に行くのになんで俺はずっと止まってるんだろうという感じの歌詞なんですけど、高3の夏と言えば受験シーズンなので勉強してる周りを見て何も手をつけていない自分に焦りを感じたことについての曲です。でも受験期が一番曲作りが捗りました。

 

・Intro

 わけのわからないところにintroが挟んであるんですけど、これはスカイブル~空蝉からの流れを一旦断ち切るために入れたものです。

Stereo fabrication of youthのAudityというアルバムに入ってる”intro”が映画音楽みたいでかなり良くて、それを真似して映画音楽とまでは行かないけれど何か物語を感じるようなIntroを入れたいなって思ってたんですけど、スカイブルーの最初のギターが鳴るところからアルバムをどうしても始めたかったのでこれはエウレカ(ライブ)の前に挟むことにしたんですよね。

ピアノは大学の友達で俺の曲を気に入ってくれてるやつが居て、そいつがエウレカをカバーしてくれたんですけど、これでなってるピアノはそのMIDIを貰って俺がVST通してエフェクトやってゴチャゴチャしたやつです。 

途中からリバーブがガッツリ効いたキックがドーーーーーーーンってゆっくり入る所があるんですけど、そこが気に入っていて、やたら余韻が残るキックという発想はDeath Gripsを聴いて思いつきました。

www.youtube.com

 

エウレカ(Live)

これは絶対いれたかったやつです。Introとエウレカ(ライブ)はなんかボーナストラックぽくも思えるんですけど、このアルバムのテーマが思い出とか、高校生のときのこととかそういうことなのでその2つも入れて「My Lost Blue」なんです。

俺が本当に目指したかった姿を宅録の音源という形ではあるものの、再現してみました。

この音源は結構個人的にミックスに凝ってて、ライブのリバーブの低域が飽和してる感じとか、ベースがあまり抜けない感じを再現しようとしてます。

あと歌もパンチイン無しの一発撮りで、ギターも歌いながら録音しました。

Natsukageもいつかこれみたいにライブやりたいねって元メンバーと話してるんですけど、やっぱりタイミングが合わないと厳しいですね。

 

曲の解説は以上で終わりです。お疲れ様でした。

 

 

・機材の話

どうでもいい話です。

全部の曲でいつもの青ジャガーを使っています。(リードギターで参加してもらったものを除く)

エフェクターはマフとブルースドライバーとアンプリのディレイとかです。

一部の曲ではオレンジAD30モデルをリードとバッキングで使いました。

DAWはReaperです。モニターはクラシックプロの5000円ぐらいのやつです。

あんまり無駄なこだわりとか書くと発言と音源が吊りあってないジャンってことになりかねないのでこれくらいにしておきます。何事も耳で判断していきたいものですね。

 

・今後の活動について

とりあえず今回のアルバムで高校生のときの音源は整理できました。

スカイブルーは録り直すのがこれで二回目なんですけど、それは俺が満足できる出来にならなかったという理由なので、またこのアルバムに入っている曲をこれ以上焼き直しはしないと思います。

今回のアルバムのミックス面では俺の最大の力を出し切ったと自負しているので、他の曲も同様に、これからは大学生になってから作った曲を出します。

高校生の秋~今ぐらいまでずっとAt The Drive-InFUGAZIを聴いているので、次作は90年台~00年台のポストハードコアぽいものを作りたいと思っています。

 

若い内に何かを形として残さないと、といつも焦っていたので高2のときから毎年一回はEPなどの形でまとまった音源を出すようにしてたんですけど、作ってもなんとなく焦っている自分がいるので、今度からはノルマみたいなものは考えないようにすることにしました。一年に一回って大分スローペースだなと自分でも思うんですけどね。

ということなので、次の音源については全くの未定です。

まだ何も考えてないんですけど、名古屋市でNatsukageとして実体のあるバンド活動をやりたいなと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Natsukage 天野

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fate/Grand Orderを始めてから一ヶ月経った

こんばんわ~、天野です。明日滑り止めの入試があるんですけど

コレ滑ったら大分まずいことになるので第一志望なんかよりよっぽど緊張しています。

 

 

あ、Fateを始めてから約一ヶ月が経ちました。今日(2017/02/03時点)で連続ログイン日数は38日でした。フォロワーに勧められて始めて、ガチャは悪とか言ってたんですけど丁度新年でSSRが一体確定の正月ガチャで即落ちしました。結局始めてから2日で課金しましたね。

f:id:aburiot:20170204001446j:plain

オタクはゲームの主人公を女に設定する。ぐだ子好きなんですよね

 

f:id:aburiot:20170204001612j:plain

自分が始めてから出たサーヴァント達です。課金は15000円くらいでSSR六体って結構コスパ良くないですか?(宮本武蔵だけは宝具レベル2です)

すまないさんはチュートリアルガチャで(リセマラは面倒臭いのでしませんでした)

因みにあとでくべました(小声)

 

アルテラかモードレッドは福袋ガチャなんですけど、同時にSSRが出たのでどっちかが福袋だったのかはわからないです。

自分はジャンヌオルタか沖田総司かが欲しいのでピックアップがキたときのために

呼符とか石とか貯めておくべきなのでしょうけど、ここ一週間で巌窟王、マルタ、ヘラクレス、マリー、アタランテが呼府と単発で出たので中々貯められませんね。

ああ、ガチャが引きたい...

 

f:id:aburiot:20170204002819j:plain

今の編成です。初心者なのでとりあえずSSRを主力にしています。でもエクストラクラスとセイバーしかいないってのは中々アレな気がしますね..

あと、コストが全然足りません。★2礼装を載せてる時点でコストがカツカツなのがわかりますよね...

更に、初心者特有の全然素材とかQPがないやつでスキルレベルが一行に上がらない...

巌窟王もレベル上げたいんですけど八連双晶10コも要求するなんて聞いてねえぞ!

武蔵の次の再臨に要求する素材とだだ被りだしあんまりドロップしないので困っています...

 

f:id:aburiot:20170204003212j:plain

 

ここから俺のQP地獄は始まった。ジャンヌがすごく気に入っているので聖杯を使いました 学校のfgo友達にはやめとけって言われたけど聖杯使ってから事後報告したので無駄です。俺が後悔するのは一分前のツイートだけだ。

最初は お、ジャンヌやんけ! みたいな感じだったんですけどレベルあげつつ坂本真綾さんのアルバム聴いてたらドンドコ愛着が湧いてきて一番好きなサーヴァントになったんですよね。(ジャンヌは坂本真綾さんがCVを担当しています。)

でもダヴィンチちゃんはうるせえ!

 

因みに残りの聖杯はジャンヌオルタを当てたら使うつもりでいます。

マリーと巌窟王と組み合わせてフランスパを作りたい。バランス悪そうだけど...

 

 

今はストーリーは六章を進めています。モードレッド戦の手前です。

俺はサーヴァントのレベルがある一定になるまで進めないというルールを設けていて、今のところの目標は宮本武蔵を再臨させることなのでちょうど入試が終わるくらいにまたストーリーが進められるんじゃないですかね?

 

ストーリー、一章は色々と変な所で戦闘があってウーンという感じだったんですけど、章を進めるごとにストーリーにコクと旨味が出てきて楽しいです。

俺はすぐスマホゲー飽きて大体一週間でホーム画面から消えるんですけど、一ヶ月も続いたら流石にモーマンタイじゃないですかね。キャラに魅力があるしストーリーも面白いし、久々に熱中できるコンテンツを見つけた気がします。ベタボメじゃねえか俺。

あとfate自体がコンテンツとしての息がとても長いので、ドラマCDとか二次創作とかアニメ、ゲームなどの他のコンテンツがとても充実しています。そこも含めて中々fate自体に飽きないです。アニメは名シーンみたいのをつべで見たりしています アニメを見るのにも気力を使うので... 

でもカーニヴァルファンタズムは全部見ました(異常)

 

無課金だと正直厳しさがあるゲームだと思います。でも楽しいから問題は無いのです(これ完全に始める前に恐れていた"FAN"そのものじゃねえかよ)

 

みんなもfgo、やろう!

因みにfgo始めたけど世界史は全く点数上がらなくてセンター本番で35点取りました。

使わないから良いんですけどね。うん。

 

 

 

俺の好きなアルバム20選 ~邦楽10選編~

こんにちわ~天野です。天野は名前で、苗字です。(再放送)

 

試験が一個終わってまだ4つとかあるんですけど全部終わった気分でいます。

昨日書いた俺の好きなアルバム20選の続き、邦楽編です。

 

洋楽編はこちら↓

aburiot.hatenablog.com

 

坂本真綾 - FOLLOW ME UP

www.youtube.com

ヤベ~...ヤベ~...

 

これが俺の中に於ける2017年最高のアルバムであることは間違いない

全曲ポップネスが詰まっていて、このレプリカという曲は一日中聞いてても飽きないし

悲しい曲でもないのにサビの後半で涙が出そうになりますね。

こういう曲を作れるようになるのが自分のソングライターとしての目標です。

行が少ないけれど全ては坂本真綾さんがアルバム中で語ってくれるでしょう。(買え)

語彙が完全に不足しているので最高でヤバいポップアルバムとだけ言っておきます!

 

Bloodthirsty butchers - Kocorono

www.youtube.com

はい出た説明不要の名盤!ここの文書くまでも無いですよね。

心象を綴った抽象的な歌詞、フィードバック、キラキラしたギターの音といい

俺のバンドはこのアルバムの影響を非常に大きく受けています。歌の下手さも影響を受けています。(この曲のフィードバックの入りや「デストロイヤー」のリフをそのままパk..オマージュした海辺の街という曲があります。)

はっきりいって吉村さんは歌が上手ではない。

それでも、心に響く朴訥な歌声はギターと共に唯一無二ですね。

因みに俺のギターの裏にはKocoronoのステッカーが貼ってあります。

 

赤い公園 - 猛烈リトミック

www.youtube.com

正直このpvきらい

ああ^~。多幸感がすごいアルバムです。俺もガールズバンドやりてえな。(無理)

このバンド、リズム隊が上手で結構派手なラインをぶち込んでくるんですよね。

メンバー其々が違う音楽から影響を受けていて、この曲はドがつくポップですが

ナンジャコリャっていうのもあります。

作曲はギターとピアノの津野米咲さんという方がされています。

聞いた話では有名所に楽曲提供もしているようで、意外なところで彼女の曲を耳にしているかもしれないですね。

 

Eastern Youth - 感受性応答セヨ

 

www.youtube.com

───風が止む、ヤツが来る、風が止む、ヤツが来る。

みたいな感じのアルバムです。

ギターの音、一般的に言うといい音ではないと思いますが、ジュワーとしていて心地よい。吉野さんの歌詞は恋とかそういうものに対して歌った曲は無く(俺が知らないだけかもしれない)、生きることについての歌詞が多いです。

自分は日本語で歌詞を書くというか、洋楽被れだった頃は日本語ってだせえなって思ってたんですが、イースタンユースを好きになってから積極的に日本語を大事にしていこうと思いました。そういうわけで自分の音楽にはかなり深く関わっています。

 

BURGER NUDS - Symphony

www.youtube.com

つべにライブ版しかなかったからゆるして

俺の中の「3ピースバンドやるならこういうのやってみたいランキング」1位。

このバンドはそんなテクいことをしてないけど、其々の楽器が音を補っていて

(例えばギターがずっとハイポジで同じ音を鳴らしてベースだけが動くとか)

3ピースのお手本のようなバンドだと思います。メンバーがしっかりコーラスできるっていうのは強いですよね。

これに加えてボーカルの門田氏がやっているバンド、Poet-type.Mも素晴らしい。

と言うか、このバンドからバーガーナッズ知ったんですよね、バーガーナッズのときの

冷たさを持ったままポップさがすごく増えた気がします。リードギター巧え

www.youtube.com

 

 サイダーガール - サイダーのしくみ

 

www.youtube.com

この10選の中では一番若手じゃないですかね?

 

曲を作ってる人(リードギターの人)はボカロP、ギタボが元歌い手(元なのかは知らないです)ベースもドラムもニコニコ動画で「弾いてみた」みたいなものをやっていた如何にも新しい世代のバンドです。

俺はボーカロイドの声がどうしても機械っぽくて受け付けないきらいがあるのですが、

このバンドの作曲をしているリードギターの人がボーカロイドで作っていた歌は好きだったんですよね、理想形のジャキジャキロックで。

www.youtube.com

後になってから作曲者が同じだってことは知ったんですけど

それ人間の声に置き換えたらもっとカッコイイのは当たり前だよなぁ?

 

 

 

BUMP OF CHICKEN - present from you

 

www.youtube.com

BAMPってなんだよ...

 

 わざわざフラッシュのコレを貼ったのには理由があります。

というのは、小学生のときからインターネットを触っていた俺は、このフラッシュが俺のロックへの目覚めのキッカケなんですよね、

このアルバムは自分で始めて買ったアルバムで、(因みにその次はけいおん!のアルバムでした)全部びっくりするぐらい良い曲だから何回も通しで聞きまくって、何かとBUMPには影響を受けている気がします。

 

Qomolangma Tomato - チョモと僕は柵の中

www.youtube.com

畜生ーーーーーー!!! (ベベッ!

 

qomolangmaはチョモランマと読むらしいです。

自分はATDIとかレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとかのまくし立てるタイプのボーカルが好きなんですけど、このバンドはその海外のバンドのエネルギーを受け継いだまま日本語でぶつけてくるので、歌詞が皮肉と厭世観で終わらない所も含めてすごく格好いい。

あんまり関係ない話なんですけどギターの人がジャガーを使っていてシンパシーを感じます。このアルバムレコーディングしたときは知らないんですけど、ジャガーのフロントはこういう音するからそういう面でも耳が楽しいですね。

 

田中公平 - GRAVITY DAZE OST

www.youtube.com

ジュシュレ イーブゥル プーレッラってなんやねんって思ってたけど

フランス語っぽい創作言語だそうです。こういう音楽のジャンル何て言う名前なんですかね?

グラビティデイズやったことは無いです。 淫夢実況で知りました(正直)

ゲームもやってないのになんでこれを10選に入れるかって勉強中にいつもこのOSTを聞いて勉強していて、itunesのトップ25の上位に来るんですよね(この10選は数字を見てある程度選んでいます)

やっぱり職業作曲家の人が作る曲は聞いていて飽きないし、それに限らずいろんな音楽が入ってるから、OSTってわりと新しいフォーマットの”聴き方”だと思うんですよね。

 

V.A - 交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST

www.youtube.com

またOSTかよ! まぁ多少はね?

俺に一番大きい影響、デカい風穴を開けたアニメ エウレカセブン

挿入歌でストーリーライターが流れるんですけど、それが俺がスーパーカーを知ったキッカケなんですよね あと自分のバンドにこれの影響を曲にしたものがあって、エウレカセブンを見た衝動ですぐ...とはいかず半年かかって作った「エウレカ」があります。

soundcloud.com

歌詞とかすごいわかりやすいっすよ、露骨にデカいスケールを意識した歌詞です

全然アルバムに触れてないけどまぁいいや。エウレカセブンはいいアニメです。見ろ

 

 

 

最後が雑すぎた感じしかしない。これで俺の20選は以上です。

みんなも”良い何か”があったら20選とか、好きな曲とかでもいいから文章、書こう!

 

俺の好きなアルバム20選 ~洋楽10選編~

こんにちわ~ 天野です。天野は名前です(苗字)(重複

試験前日だけど反って変に余裕があるので、

唐突に好きなアルバム20選(2017/01/30時点)を大袈裟に発表しようと思います

まずは洋楽10選からです。

 

At the Drive-In - Relationship of Command

www.youtube.com

ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!

空耳で有名な曲だけど俺はアルバムでこの曲が一番好き。

俺が今のところ一番好きなバンド!ATDIです。

このアルバム、空耳で知って中学三年生の頃に買ったんだけど当時の俺には全く理解できなくて、完全に積みアルバムと化してた。

だけど今になって聞いてみれば、衝動性、アイデア、エモーショナルの塊で

今まで聞いてきたフニャフニャなロックはなんだったんだってくらいにぶっ飛ばされました。無人島に五枚持っていけるならそのうちの一枚はこれ。

 

The D4 - Out of my head

www.youtube.com

中学生のときずっと聞きまくってたニュージーランドのガレージロック・リバイバルバンド、D4。アルバムを通して全曲ギターでコピーしました

 

このバンド、兎に角ギターの音がカッコイイ。

リードギターの人はオレンジ AD30にHOTCAKEっていう組み合わせでスゲーかっこいい音出してて、音作りこそ完全に違うけどそのセットをまんまパクってる。

このアルバムはより現代的になったアルバムだけど、1stはもっとガレージガレージしてて両方とてもお薦めです。

 

Engine Down - Engine Down

www.youtube.com

悲しい系エモポストハードコアバンド、Engine Down。

このバンドはATDI系統のバンドで、説明すると結構面倒なんですが

ATDIが分裂してSpartaとThe Mars Voltaっていうバンドに分かれて、

Spartaのほうに後になってから加入したリードギターの人のやってたバンド」

です。面倒くさいですね。

このバンドはすごくマイナー調の曲が多いです。というか全曲マイナー調のような...

マイナースレットの演奏のパターンかよってぐらいマイナー調の曲が多いです。

そういうわけでかなしい気分にドップリ浸りたいときに聞くバンド、クソッタレって思ったら聞くバンド。言い換えるなら海外のSyrup16gでしょうか

 

Sparta - Porcelain

www.youtube.com

さっきのEngine Downのときのも書きましたが、ATDIが分裂してできたバンド、

Sparta。ATDIのうるさいアフロ達が抜けてATDIのカオス性が完全に

The Mars Voltaに分離した感じがします。ATDIのメロディアスなパートはきっと

ジムワード(ギターボーカル)が担っていたんでしょう

いい意味でも悪い意味でも”普通の良い曲”を書くバンドだと思います。

ATDIの衝動性は薄れたけど歌心がすごくあってすきです。

余談ですが、この「スパルタ」っていうバンド名の所為で世界史でローマのあたりを勉強してるとき、スパルタが出てくる度このバンドのことを思い出していました。

 

Jim Ward  - Quiet in the Valley, On the Shores the End Begins & The Electric Six

www.youtube.com

またATDI関係のバンド?

いいえ、ATDIリズムギター、Spartaのギターボーカルことジムワードの”ソロ”です。

歌心に溢れたアコースティックアルバム。

リンクは二枚入りCDのエレクトリックなほう(直球)Electric Six(バンドじゃないよ)の中の一曲です。

正直なところ自分はアコースティックが苦手というか、あまり好きではなかったのですがこのアルバムを聞いたとき、素朴なだけに心に直接来るものがあるなと感じました。

 

Fugazi - 13 Songs

www.youtube.com

言わずと知れたポストハードコアの名盤!

Fugaziは曲全体に漂う緊張感とかドラムのパターンが色彩豊かなところ

あとイアンマッケイのSGがかっこいいとこが好きです。

俺の好きなバンドは大体彼らの影響を受けている気がします。原点にして頂点。

一々止まったり始まったり煩くなったりっていうのはこのバンドが発明したと勝手に思ってるんですけど、実際のところどうなんでしょうかね。

 

Gregory and the Hawk - Moenie and Kitchi

 

www.youtube.com

声良すぎィ~~~~~↓↑↓↑(vib)

洋楽女性ボーカルの中で一番好きです。オタクが好きそう

図書館の司書やりながらやってるソロ活動らしいです。

クソほど疲れた日に聞くとすごく癒される。でもあんまり知られてない気がするからこの10選の中では皆に一番聞いてほしいアルバムです。国内の変なサブカルくさい女ボーカルインディー聞くよりコレを聞いたほうがいい、曲も声も素晴らしい、捨て曲がない。(ゴリ推し)

 

Paramore - Riot!

www.youtube.com

この曲は歌詞が結構バカっぽいです

多分この10選の中で一番ポピュラーなバンドだと思います。

このバンド、ギターの人がジャグマスの高級版みたいなやつを使っているんですが

僕はぶっ壊れたジャグマスをパラモアをコピーするために治しました

やっぱりこういうポップロックは盛り上がれて好きです。カラオケにもあるしね。

 

で、あんまり関係無いんですけど2009年のサマソニでのパフォーマンスが非常に

”良さみが深い”です。ヘイリーかわいい。理由は見たら解ります。

www.youtube.com

 

 

Denali - Denali

www.youtube.com

このデナリというバンドはさっきのEngine Downで歌っていた「キーリー・デイビス”兄貴”」がその妹、「マウラ・デイビス」と始めたバンド、そう、兄妹バンドです。

エンジンダウンの暗さがそのままデナリに移って若干チルっぽくなった感じ。これまたアルバム全部通してマイナー調です。この曲の後半にはエモーショナルなギターソロが入っていて、悲しく(くどい)、チルっぽく(くどい)静かでありながら感情も籠もったアルバムだと思います。

Paris Musette - Paris Musette

www.youtube.com

俺が持ってるのはこのアルバムじゃないんですがつべに一つも無かったので違うやつをそのまんま持ってきてますが、パリ・ミュゼットは大体全部こんな感じです。

俺が持ってるのはこれ→ Amazon

この10選の中で一番異色なのがこれだと思います。親父がおフランス野郎っていう仇名がつくぐらい何度もフランスに行っていたので自分も興味を持った次第であります。

なんとなくこういう音楽が昔から大好きです。血なんですかね?

いつか自分もパリ・ミュゼットみたいな音楽をやりたいです、よく好きな音楽をゴチャゴチャに混ぜるやつがありますが、僕はパリ・ミュゼットは純粋なパリ・ミュゼットのままであってほしいのでアコーディオンとマカフェリギターだけでやりたいですね。

 

 

 

こうしてみると最後のやつが変なだけでほかは似たりよったりのを聞いてますね。これらのバンドから類推しておすすめできるバンドがあれば是非僕に教えてください!